子育て費用確保に保険を

子どもが誕生し、大学卒業を迎えるまでに、どの程度の子育て費用が必要になるかご存知でしょうか。 教育費を入れるとトータルで2,400〜3,000万円と試算されています。 高収入ですでに潤沢な資金がある人もいるでしょうが、そうでない人は赤ちゃんが生まれると同時に、 できれば赤ちゃんが生まれる前から子育て費用を貯めていけるようにしたいところです。 子育て費用を確保する方法のひとつとしては、学資保険があります。

当サイトでは、学資保険にはどのような強みがあるのか、別のページにまとめています。 興味のある方は、ぜひご覧ください。 このページでは、学資保険がどういうものなのか、基本的な情報を解説させていただきます。 学資保険は生命保険会社が取り扱っている保険商品の一種であり、またの名を子供保険などともいいます。 将来の学費を積み立てていくことを主目的とした保険商品であり、保険料の払い込みを続けていくと、 特定の年齢を迎えたタイミングで祝い金や満期金といった名称の給付金を受け取ることが可能です。

先述したように生命保険会社が取り扱っている商品であるため、契約者にもしものことがあった場合の死亡保障や、 子どもが入院した場合に給付金が支払われる医療保険が付帯している学資保険もあります。 とくにお金がかかる時期にまとまった額の祝い金が受け取れるため、子育て費用の負担を軽減することが可能です。 学費の積み立てや死亡保障や医療保険が付いている商品もあるというのも魅力的ですが、 別のページではより魅力的な部分を紹介していますので、チェックしてみてください。



◎子育て支援関連
子育てには学資保険だけでなく、地域の支援も重要です。地域支援センターの情報があり、参考になります >>> 子育て 支援

貯蓄性に優れ確実に貯まる

詳しくみる…

万が一のときは保険料免除

詳しくみる…